スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のダイエット!エアコンは敵?味方?

そろそろ夏が近づいてきて、ダイエットをしなきゃ!と焦っていますか?

夏は海水浴やプールへ行ったり、ショーツを履いたり、肌を露出する機会が増えます。そんな時に太った太ももやだらしないお腹を人に見せられないですよね。せっかく人に見られるのだから美しい身体を見せたいです。

このように夏に向けてダイエットをする人はたくさんいます。ダイエットは一年中可能ですが、夏はダイエットの季節といえると思います!

昔からずっと太っていて夏がくる度憂鬱になってしまうというあなたも諦めている場合ではありません!諦めずに正しい方法ですれば、ダイエットは必ず成功します!

ところで夏といえば、暑いですよね。昼間はもちろん、夜も熱帯夜で暑すぎて寝れないという日もよくあります。そんな時に役立つのがエアコンです。暑い真夏にはエアコンが必須です。

でも、エアコンってダイエットにはどうなのでしょう?

夏って暑いのでたくさん汗をかきますね。エアコンをつけると気温が涼しくなって、汗をかかないから痩せないのでは?と思い、痩せるために我慢して毎晩エアコンをつけずに寝ていますか?

たくさん汗をかいて、体重も減って、痩せていくというのがよくある夏のイメージですが、それは間違いです!

汗をかいただけでは痩せません。発汗は脂肪が燃焼されるのではなく、水分が減って一時的に体重が減るだけでしたね!

冷え性はダイエットの敵!?寒い冬のダイエット!の記事で紹介したように、気温がダイエットに影響するケースもあります。

気温が低いと体温を保つために体がエネルギーを使います。エネルギーを使うとは、カロリーを消費するということです。

例えば、あなたの体温が36℃だとします。

A: エアコンで室温を26℃に設定した場合

B: エアコンをつけずに室温が32℃の場合

どちらが体温調整のための消費カロリーが高いかわかりますよね?Aの場合、室温と体温の差が10℃もありますね。

体温調整は意識せずに体が勝手に行うので、何もしていないのに痩せるということになります。もちろん、それだけでは大きな効果は期待できないですけどね!

夏のように気温が高いと体温調整のためにエネルギーはあまり使われないので、痩せにくいということがわかりましたか?

つまり、タイトルの『エアコンは敵?味方?』の答えは

エアコンはダイエットの味方!

ただし、設定温度を低くしすぎるのは風邪をひくので気をつけましょう。あくまで暑い真夏の夜に、ダイエット目的でエアコンをつけない行為はダメですよ!ということです。夏の夜に熱中症になることはよくあるので、気をつけましょう!
スポンサーサイト

ダイエットに必要な皮下脂肪の知識はこれ!

皮下脂肪の基礎知識


皮下脂肪が落ちない人は中性脂肪について
正しい知識を身につけましょう。

皮下脂肪とは中性脂肪のうち皮膚に近い所についた脂肪のことです。二の腕や太もも、お腹回りなどつまめる脂肪がありますよね。それが皮下脂肪です。

脂肪は健康上必要なものですがつきすぎても困ります。とくに内臓周りにつく内臓脂肪は脂肪肝などを引き起こす可能性もあり、脂肪のつきすぎは不健康です。もちろん皮下脂肪も同じです。皮下脂肪の場合は見た目も気になりますね。

皮下脂肪はつきにくく、そして落としにくいという特徴があります。皮下脂肪はつきにくいと言ってもダイエットをしたいという人はもう脂肪がついてしまっていると思うので、安心はできません。

脂肪は全体的に落としにくいですが、皮下脂肪は内臓脂肪に比べ落としにくいです。しかし、ダイエットをするなら内臓脂肪も皮下脂肪もどちらも落とすので、あまり関係ありません。まず、皮下脂肪だけ落とすというのは自分ではできません。

脂肪のつき方


揚げ物などの油を多く含む食べ物を食べると脂肪がついて太りやすいというのは多くの人が知っていると思います。しかし、脂肪のつき方はそれだけではありません。

例えば、お米やパンなどの炭水化物を多く含む食べ物を食べても脂肪はつきます。それは糖質である炭水化物は必要な分だけ体内に蓄積され、その余りは脂肪に変わり体内に蓄積されるからです。

皮下脂肪を減らすためには、まずは新しく余分に蓄積される脂肪を防ぎましょう。食べ過ぎの人は食事制限が必要です。もちろん糖類の多い飲み物も控えなければいけません。飲み物でも太るんですよー!
コーラは本当に太るの?太りやすい飲み物

皮下脂肪対策の食事制限の際に、油だけではなく炭水化物の取りすぎにも気をつけましょう。ただし、炭水化物の制限のしすぎには気をつけて下さいね。食事制限など食事方法に関する情報は『食事』にまとめてあります。

皮下脂肪を落とす方法


二の腕や太もも、ウエストなどのお腹回りの脂肪を減らすためや体を引き締めるために腹筋などの筋トレをする人もいますが、筋トレだけでは皮下脂肪を効率良く落とせません。

体を引き締めるということの一つに体脂肪率を下げるというのがあります。

体脂肪率を下げるには大きく以下の二つがあります。

・筋肉の割合を増やして、体脂肪率を下げる( = 筋トレ)

・脂肪を減らして、体脂肪率を下げる

一つ目は、体脂肪率は『割合』なので、筋肉を増やすと体脂肪の割合が小さくなります。

小学校の時に習った『食塩水』と同じです。食塩水に水をたくさんいれると塩辛くなくなりますよね。

筋肉をたくさん増やすと脂肪が少なく見えます。ただし、この方法は体重も増えてしまいます

筋肉を増やすと基礎代謝量が増えるので、たくさんカロリーを消費できる体になれるのですが、皮下脂肪を落とすのには直接的な関係がありません。

これは皮下脂肪と体重を落として、細い身体になりたい人には向いていません。

そんな時は二つ目の方法が効果的です。筋肉を増やすのではなく、脂肪そのものを減らすことです。

脂肪燃焼には有酸素運動が効果的です。有酸素運動の代表はウォーキングですね。ウォーキングよりも脂肪燃焼に効果的な有酸素運動はこちらで紹介しています。『家で簡単にできるおすすめのエクササイズ方法

有酸素運動は確かに皮下脂肪を含む脂肪の燃焼に効果的ですが、より有酸素運動を効果的にするためには体内の血の流れや血管の環境も大切です。

血流が悪いと健康上良くない上に、脂肪がうまく燃焼されません。脂肪が偏った場所に溜まってしまうこともあります。血流の改善方法は以下のページで紹介しています。

エステの選び方、エステを利用してうまく痩せるには?

昔からの下半身太りの原因は?下半身太り解消方法

無駄な皮下脂肪も内臓脂肪もどちらも落としてきれいな身体になりましょう!

脂肪肝にはダイエット!脂肪肝の対策と改善方法

脂肪肝とは?


脂肪肝って知っていますか?

血液検査をした時に脂肪肝だと診断されたことがある人もいるかもしれませんね。脂肪肝と言われた人は早く改善させる必要があります。30代、40代辺りから脂肪肝になるのはよくある話なので、血液検査で問題がなかった人も今のうちから対策をしておきましょう。今回はそんな脂肪肝の対策と改善方法についてお話したいと思います。

脂肪肝とは、肝臓の周りに中性脂肪がたくさんついた危険なる状態のことです。脂肪性肝疾患とも呼ばれます。

ちなみに中性脂肪とは一般的に言う『脂肪』のことです。

脂肪肝の原因はもちろん食べ過ぎや運動不足による肥満なのですが、アルコール類の飲み過ぎが原因であることも多いです。アルコール類をよく飲む人だけではなく、アルコール類を飲まない人でも脂肪肝にはなるので注意です!

また、糖尿病も主な原因です。

脂肪肝の危険性


さっき脂肪肝は危険な状態と言いましたが、脂肪肝自体は意外と多くの人がなるもので、ふつうは痛みなどの症状はありません。

しかし、脂肪肝は肝機能に障害がある状態なので、生活習慣病や肝臓がんに発展するリスクもあります。

例えば、さっき糖尿病が脂肪肝の原因と言いましたが、肝臓はブドウ糖を制御して血糖値を一定に保つはたらきがあります。肝機能に障害があると、逆に糖尿病に発展することもあるので注意が必要です。他にも肝臓には重要なはたらきがたくさんあるので、脂肪肝には注意しましょう。

脂肪肝の対策と改善方法


脂肪肝の対策•改善はなんといっても、肥満の解消です。つまり、ダイエットですね!

肝臓の周りに付きすぎた無駄な脂肪を運動などで燃焼させましょう!

脂肪肝のために肝臓の周りの脂肪だけを燃焼させるダイエットはないのですが、全体的に肥満を解消させると、肝臓周りの脂肪も落とすことができます。

運動は有酸素運動ならウォーキングでもなんでもいいです。毎日できなくても、週に数回でも大丈夫です。とくに理由がなければウォーキングがいいと思います。生活習慣病対策にもウォーキングは簡単で長く続けられるので、良い運動です。

肝臓周りにつく脂肪は、中性脂肪の中でも内臓脂肪という内臓周りにつく脂肪が多いので、運動などのダイエットによって落としやすい脂肪です。脂肪肝ダイエットの目的は肝臓周りについた中性脂肪を落とすことなので、適度な運動は必須です。その代わり皮下脂肪を落としたいダイエットに比べ、簡単です。

ただし、内臓脂肪は落としやすい反面つきやすい脂肪とも言われており、食事には気をつけなければいけません。そもそも、脂肪肝になっている人は基本的に食事の取り方が悪い場合が多いです。

栄養バランスを考慮した食事の改善は健康的なダイエットの基本ですね。

ダイエットは脂肪肝になる?


ダイエットが脂肪肝の原因になるというお話もありますが、それは極度な低炭水化物ダイエットなどに限定されるものです。もちろん取りすぎもダメですが、炭水化物は一日の摂取カロリーのうち最低でも半分以上は取りましょう。

栄養バランスを考えた健康的なダイエットは脂肪肝の原因になりません。

肥満を解消させるにはダイエットは必須ですね!しっかりと脂肪肝の対策をしましょう。

ダイエットに必要な皮下脂肪の知識はこれ!

誰でも簡単にできるダイエットのための生活習慣改善の6つの項目

生活習慣を改善させる6つの項目


忙しくてダイエットが始められない人のために、今回は簡単にできる生活習慣改善方法を集めてみました。いつもの生活習慣の中のちょっとしたことを変える方法です。あまり頑張らなくてもできる方法ばかりです(笑)

どれも簡単にできてダイエット効果があるので、チェックしてみて下さい!

食事の前に水を飲む


海外の研究によると食べる前に水を飲むとダイエット効果があるといわれています。とくに長い期間続けることでより効果があるそうです。

人間の体の6割が水分で占めていて、水は生活にとても大切です。水分を取るのを忘れがちな人にとっては、食事の前に水を飲むことで、水分を取るリズムにもなります。

研究でも実証されたダイエットに効果のある飲み物とは?

食事の前に水を飲むのは誰でもできますね。今から始めましょう!

食べ物をよく噛む


早食いをしたり、食べ物をほとんど飲み込んだりする人は食べ過ぎてしまいがちです。食べ過ぎはカロリーをたくさん摂取してしまい、肥満のもとですよね。食べ過ぎを防ぐには、よく噛むことが最も効果的です。

よく噛むことは食べ物の消化を効率よくするためにも効果的です。消化不良を防ぐためにも、いつもあまり噛んでいない人はすぐに始めましょう。

もっと詳しいページはこちら
誰でも今すぐ始められるダイエット方法、食べながら運動?

歩くときは姿勢よく


姿勢が悪いと体内の血の流れが悪くなってしまい、脂肪が一部に溜まりやすくなったり、基礎代謝が悪くなったり、様々な弊害があります。姿勢をよくすることは健康においてもダイエットにおいても大切なことです。

とくに歩くときは姿勢をよくすることで、カロリーを効率よく消費できます。常に姿勢を気にするのは大変ですので、気づいた時だけでいいので、背筋を伸ばしましょう。

もっと詳しいページはこちら
昔からの下半身太りの原因は?下半身太り解消方法

飲み物で迷ったらお茶


例えば喉が渇いて飲み物がほしい時、コンビニや自動販売機で飲み物で迷っている時、そんな時はお茶を選ぶのがいいでしょう。

コンビニなどに売っている多くの飲み物は砂糖が入っていたりして、カロリーが高く太りやすい飲み物です。しかし、お茶にもたくさんの種類がありますが、そのほとんどはカロリー0です。

この一回の選択だけでも、100~200キロカロリーの節約です。飲み物は意外と太りやすいですね、飲み物で迷った時はお茶や水を選びましょう。水筒に入れて家から持参すると、飲み物にお金の節約にもなっていいですね。

もっと詳しいページはこちら
コーラは本当に太るの?太りやすい飲み物

階段を使う


階段かエレベーターか?選べる時は階段を使うようにしましょう。階段を上るのはウォーキングよりも多くカロリーを消費できます。エレベーターを使うのはもちろんウォーキングよりもカロリー消費量は少ないですね(笑)

もちろん、エスカレーターも同じです。階段かエスカレーター、選べる時は階段を使いましょう。

十階まで上がるとなるとさすがにつらいですが、二階や三階程度なら階段でも大丈夫ですよね。これも簡単にできることなので、毎日続けるとかなり効果的です。

カロリーのチェック


食べ物や飲み物を買う時はカロリーをチェックしましょう。これによって直接的に痩せる効果があるわけではないのですが、自分の摂取カロリーの目安を知ることができます。

自分の摂取カロリーを知ると、実はいつもカロリーをこんなにも摂取していたんだというような発見ができるかもしれません。これも簡単にできてダイエットを成功させるための大切な習慣の一つです。

もっと詳しいページはこちら
太りやすい食べ物を避ける方法


どれも簡単にできて今すぐ始められる健康的な生活習慣にするためのコツです。これら全部をすれば完璧の生活習慣というわけではありませんが、簡単にできるものをピックアップしました。まずはこれらの項目をチェックするだけでもダイエット効果があるので、試してみて下さい。

健康な生活習慣を目指しましょう!

昔からの下半身太りの原因は?下半身太り解消方法

下半身がとくに目立って太っている人のために、下半身太りの主な原因と下半身の脂肪を落としバランスの良い美しい身体にするための方法を紹介します!

『太ももを細くしたい』など下半身太りについて気になっている女性はたくさんいます。多くの人が理想の身体にとって邪魔な下半身太りを解消させたいと思っているでしょう。

下半身太りの解消方法として、太もも周りの筋肉を鍛える方法がよく勧められます。しかし、太ももの部分痩せをしたいと思って、太もも周りの筋肉を鍛えて失敗した人もいると思います。まず始めに、太ももの筋肉を鍛えても太ももは細くなりません

太ももを細くしたくて、太ももの筋肉ばかり鍛えて、結局細くならず筋肉だけがついてしまったというケースはよくあります。そもそも、筋肉をつけることと脂肪を落とすことは同じじゃないですからね!

下半身太りの原因を理解して正しい方法でアプローチすると太ももは細くなります。

顔や腕などは細いのに、脚や太ももだけ太っていたりするとバランスが非常に悪いです。理想の身体を目指すには脚や太ももも含め全身のボディバランスを整えたいですよね。

とくに、下半身太りの場合は昔から上半身は痩せていても、脚や太ももなどの下半身だけ太っていたというケースが多いです。昔から下半身が太っているということで、諦めている人も多いでしょう。しかし、昔からの下半身太りでも解消させて理想の身体を手に入れるのは可能です!

下半身太りにも食生活や運動不足や姿勢が悪いなどいろいろな原因があります。ダイエットにおいて食事制限や運動をすることは必須なので、ダイエットに成功して体重が落ちたのにまだ下半身太りが解消されないという人は、姿勢に気をつけてみるのがいいと思います。

とくに昔からの下半身太りの場合は、基本的に姿勢が悪いということが原因の可能性が高いです。

姿勢が悪いと血液の循環が悪くなり、体内の老廃物も偏った場所に溜まってしまいます。脂肪も偏った場所に溜まります。地球の重量はもちろん人間の体の中でもはたらくので、下に溜まりやすくなります。つまり、脚や太ももですね!

また、血液の循環の悪化は基礎代謝も悪くなりますので、痩せにくい身体になってしまいます。だから下半身太り解消のために太ももまわりの筋肉を鍛えても、主な原因である血液の循環は改善されないので、けっきょく下半身太りが解消されない場合が多いんです。

下半身に溜まった脂肪を分解するには、体内の環境を良くして、体の機能がはたらきやすくする必要があります。

それには姿勢を改善させて血液の循環を良くしてあげなければなりません。姿勢がいい人は身体のバランスがいいですよね。

エステなどで血液の流れや骨盤などを矯正してもらう方法もありますが、今回は自宅でできる下半身太り解消トレーニングを紹介します。


下半身太りの解消には姿勢の改善が効果的だということがわかったと思います。しかし、姿勢の改善は人によってはかなり難しいです。

姿勢は長年かけて体が覚えた形ですので、筋肉もあなたの姿勢に合うようにはたらいています。食事制限は1日に3回意識するだけですが、姿勢を改善させるには1秒1秒意識しなければいけません。たとえ下半身太り解消のためだと、強い動機があっても失敗しやすいでしょう。

下半身太り解消のための姿勢を改善させるトレーニングとしては、はじめから常に姿勢を正すという意識を持つよりも、毎日少しずつ姿勢を正す時間を作ることが大切です。

そうすることにより、正しい姿勢を維持するための筋肉も少しずつ強化され、だんだんと良い姿勢を維持するのが苦痛ではなくなってきます。

そして血液の流れも改善されていき、下半身に溜まった脂肪が分解されやすくなり、下半身太りが解消されてバランスのいい身体になるわけです。ついでに太りにくい体になります。

そして、下半身太り解消のための無理のない姿勢改善トレーニングを実現させるアイテムがこちら!


無理なく美しい姿勢を維持できるような構造になっている椅子です。デザインがオシャレですね!家でテレビを見るときなどに、これを下に敷いて座るだけで姿勢改善トレーニングになります。公式サイトを見ると30代、40代の女性に人気ですね!スキニーパンツなど細めのファッションを目指す人におすすめです。

重要なポイントは続けることです。筋肉は長い期間かけて強化されていくものなので、例えば、一週間常に姿勢を意識して生活しただけでは姿勢も下半身太りも改善されません。

下に敷いて座るだけなので、猫背や姿勢が悪い人でも苦痛ではなく、毎日できて長く続けられますね。それにより少しずつ必要な筋肉が鍛えられます。そして、姿勢が改善され、下半身に溜まった脂肪が分解されやすくなります。

昔からの下半身太りで悩んでいる人には、最適の下半身太り解消アイテムです!

そんなのなしで頑張るよっていう人も始めは「ご飯を食べる時だけ姿勢に気をつける」など続きやすいように工夫しましょう!

悪い姿勢は下半身太りだけでなく、様々な面でデメリットがあります。例えば、視力の低下も姿勢が原因と言われています。昔から視力が低い、最近目が悪くなってきた、などの症状があり、下半身が特に太っているなら、姿勢が原因である可能性が高いです。

姿勢はルックスにおいても重要なものの一つなので、早い段階で改善させたいですね。

今まで姿勢の改善や脚や太ももを細くするのを諦めていた人、下半身太りは解消させることができるので、諦めず理想の身体を手に入れましょう!


プロフィール

まみむ

Author:まみむ
健康的なダイエット方法や運動のやり方についてのブログをしております。痩せたい人はぜひ参考にしてください!あなたも一緒に無理のない食事制限や運動をして健康になりましょうー!

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。