スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3キロ痩せるまでの道のり

『~キロ痩せたい』という話はよくありますが、実際にはどのくらいの時間と運動が必要なのでしょう。

はじめにある程度の目安や計画があると、ダイエットしたけど、すぐに痩せなくてがっかりしたということは少なくなりますよね。

例えば、3キロ痩せたいという場合を考えてみましょう。

体重1キロ痩せるのに必要なカロリー量は、約7,000キロカロリーです。

目標体重は3キロなので、約21,000キロカロリーを減らす必要がありますね。


よく1日で1キロ痩せるといった話がありますが、それはほとんどの場合体内の水分が一時的に減少して体重が減っているだけです。お風呂やサウナに入った後によくある現象です。

この場合は脂肪が1キロ落ちたわけじゃないんです。そして、減った分の水分はまた取らないといけないので体重は戻ります。

1日で7,000キロカロリーを消費するのは無理です。毎日ゆっくりと脂肪を燃焼させて痩せていきます。


痩せるための基本は摂取カロリーよりも多くカロリーを消費するでしたね。

摂取カロリーは食事制限などで調整します。

消費カロリーは基礎代謝量と、もちろんふだんの運動でコントロールしますよね。

しかし、基礎代謝量はあまり簡単にコントロールできないし、最低限の摂取カロリーは必要ですので食事制限でもあまりコントロールできません。

ということで、一番取り組みやすそうなウォーキングという運動だけのカロリー消費で考えます。

ウォーキングを30分すれば約100キロカロリーほど消費します。運動だけでは思っているほどカロリーを消費できないんでしたね。

ウォーキングを1時間すれば約200キロカロリーです。

これを毎日すると、35日後に1キロ分体重が痩せているという計算になります。

3キロ痩せる場合だと、このペースで約3ヶ月半ですね。この場合の痩せるとは、さっき言ったような1日で1キロという例とは違い、水分が減って体重が一時的に落ちたわけじゃなく脂肪が落ちたので、体重は戻りません。

こう考えると運動だけで3キロ痩せるのってけっこう大変ですよね!


でも実際はふだんの掃除や買い物にいくなどの意識したエクササイズではない運動でもカロリーは消費しているので、3ヶ月半もかかりません。

さらに、この計算は食事制限などでコントロールするカロリーを含んでいないので、3キロ痩せるのはもっと短期間になります。

だから、これは食事制限などがあまりできない(しても効果がない)もともと痩せている人向けの話ですね。

食事制限の効果期待できる体重が多い人にとってもカロリー計算の考え方に役に立つと思います。ある程度の目安があると気持ちも楽になりますしね!


この話はあくまで、『ウォーキングという運動だけ』でのお話でした。
関連記事
スポンサーサイト

就活のための第一印象改善ダイエット!冬がチャンス?

就活は第一印象が大切ですよね!

ちょっと太りすぎかな?って思う人は、
面接の第一印象などでライバルに最初から差をつけられないために、ダイエットをしましょうというお話を以前しました。

その時の記事はこちら
>> 就活成功への鍵はダイエット!?

就活の時期はストレスが溜まりやすく太ってしまう人もいるでしょう。

就職活動のためにダイエットをしている人も多いと思います。

就活生向けのダイエット方法を説明する前に、まず注意点したいのが、体重を落としすぎないということです。

体重を落としすぎてしまうと、逆に不健康•元気がないという印象を与えてしまう可能性があります。

また、ムリな食事制限などをしてストレスを溜めるのもよくないです。


就活生向けのダイエット方法としておすすめなのが、食事制限よりもエクササイズをがんばるということです。

ダイエットには食事制限が非常に重要ですが、間違った食事制限をしてしまってはストレスが溜まるだけです。

ウォーキングなどのエクササイズはストレスの解消にもなるので、ストレスの溜まりやすい就活生にとってはとてもいいダイエット方法です。

ですので、就活のためにダイエットをしている人は食事制限よりも、エクササイズに重点を置きましょう。

重点を置くといっても、毎日ウォーキングを30-40分するだけでもいいです。

それにウォーキング中など、自分を見つめ直すいいチャンスだと思います。就職活動をしていると自己分析など、やることがたくさんありますよね。疲れている脳を休憩させて体を動かすことで、自己分析のためのいいアイデアを発見できるかもしれません。芸術家さんたちは違うことをしている時に、ひらめくってよく言いますよね。ですので、就活のためのダイエットには運動がおすすめです。

運動と健康は切り離せないものなので、面接で『私は健康ですよ』とアピールしないといけない就活生さんたちには運動での就活ダイエットが最適です。

もちろん毎日カロリーを取りすぎている人は、食事制限をするべきです。しかし、極端な方法はやめましょうね。

就活が始まったばかりの冬はダイエットにチャンスですよー

こちらに忙しい就活生さんたちでも簡単にできるダイエット方法をまとめました!
誰でも簡単にできるダイエットのための生活習慣改善の6つの項目

健康的なダイエットをしましょう!
関連記事

ダイエットでなかなか痩せない根本的な理由

基礎代謝があがらない


それはダイエットにおいて致命的な問題です。

太りやすい体質の原因の一つに基礎代謝が低いということをお話しました。

それについてのお話はこちらの記事
>> あなたは太りやすい体質?

基礎代謝を上げることがダイエットの成功へのキーでしたね!

そして、その基礎代謝を上げるには、筋肉の量を増やすことが大切だということもお話しました。

しかし、エクササイズをしているのに、基礎代謝がなかなかあがらないということがあります。

それはもしかすると、血行に問題があるかもしれません。

血行とは、血の流れのことです。病気などの話でよく出てくることばですよね。

血行が悪いと動脈硬化などになる可能性があり、それがだんだん進んでいくと非常に危険です。

でも、痩せないことと何の関係があるんでしょう?

実は、血行とダイエットには大きな関係があります。

血行は脂肪の分解などをする働きがあります。血行が悪いと脂肪の分解もできなくなり、体内に脂肪がたまりやすくなります。

さらに、血行が悪いと基礎代謝が下がり、体が消費するエネルギー量が少なくなってしまうのです。

つまり、血行が悪いままダイエットをしていても、あまり効果がないんです。


血行を改善させるために自分でできることとしては、お風呂に入ることが効果的です。忙しくてシャワーしかしていなかった人は、一度お風呂にも入ってみましょう。

どうしても血行に不安がある方は、ダイエットエステに行くことをおすすめします。

今は簡単にインターネットから予約することができます。

また、体験コースなどもあるので、そのときに血行について相談してみるのもいいでしょう。

エステの選び方、エステを利用してうまく痩せるには?のページでエステの選び方などを紹介しています。

血行が悪い状態はダイエットにも健康にもよくないので、そのままほっておくのはやめましょう。
関連記事

ダイエット中、夜にお腹がすいた時の対処方法

夕食をとった後なのに、夜遅くにお腹がすくなんてことよくありますよね。

そんな時みなさんはどうしてますかー?

夜は運動量が少なく昼間に比べてエネルギーをあまり消費しないので、夜はあまり食べないほうがいいですよね。

今回はそんなときの対処の仕方についてお話したいと思います。

一つ目は、早く寝るということです。あまり遅くまで起きているのは、健康にもダイエットにもよくありません。お腹もすいちゃいますしね(笑)

次に、思い切ってなにか食べることです(笑)

我慢ばっかりしていたら、長続きしませんよね。特に、ダイエットを始めたばかりの時は思い切って食べちゃいましょう!

その時に注意したいのが、やっぱりカロリーの低いものにしましょう。

ふだんの食事もそうですが、特に夜中の間食はカロリーが低いものにしましょう。100キロカロリー以内のものがいいですね。

さらに注意したいのが、それが食べ物であっても飲み物であっても、時間をかけて食べたり飲んだりしましょう。

すぐに終わらせちゃうとまたすぐにお腹がすいちゃいます(笑)

できれば、いっぱい噛みましょう。飲み物であっても、噛みます。飲み込む前に、しっかりと噛みましょう。

長く続かせるために、我慢のしすぎはよくないので、長く続かせるということを考えましょう。

ただし、毎日夜の間食が続かないように、夜遅くまで起きている人は早く寝ましょう!

みなさん、ムリのないダイエットをしましょう。
関連記事

痩せたいけどなかなかやる気がでない人のためのダイエットの始め方

ダイエットを始められない人


いつもダイエットしようと思ってるけど、なかなか始められない人

何回もダイエットしたけど、いつもすぐやめちゃう人

でも、痩せたい

そういう人はダイエット以外のことでも、自分に甘くなっちゃう人が多いですよね。

確かに、ダイエットを始めたばかりの頃はつらいですよねー!

今までしていなかったことを急に始めるんですもんね。

だから、ロジカルダイエットはできるだけ続けやすい方法をいろいろ紹介しています。

それでも、短距離走は得意だけど、長距離走は本当に苦手!って人がいるように、毎日コツコツとダイエットをするのがどうしても苦手な人はいます。

でも実はそんな人にこそ、ダイエットをおすすめします(笑)

その理由は

健康のリズムが作れる


自分の体は一生付き合っていかなければいけないので、毎日健康的な生活を送ることは重要ですよね。そのためには、リズムが大切です。

ダイエットはやり方を間違えなければ、基本的には健康的なものです。歳をとるにつれて、人の体は弱ってしまい、病気になりやすくなります。

できるだけ若いうちから、健康のリズムを作っておきましょう。

自分をもっと好きになれる


がんばってコツコツとダイエットをして、その成果が見れたとき、正直めっちゃ嬉しいです(笑)

脂肪が減り体重が落ちると、印象はかなり変わります。そして、綺麗になった自分をもっと好きになれます!

この気持ちを得るためだけでも、十分にダイエットをする価値がありますよー

ダイエット以外のことでもがんばれるようになれる


ダイエットに成功したという体験から、自分にもっと自信が持てるようになり、他のことにもアクティブになれます。

そして、今までチャレンジできなかったことにチャレンジしたりして、人生が楽しくなります!

やっぱり人生は楽しいほうがいいですよね!

だから、今すぐダイエットを始めることをおすすめします(笑)


なかなか始められない人やいつもすぐやめちゃうは、一度ダイエットエステの体験コースなどに行って、プロの人に相談したり、アドバイスをもらうなどのことをするといいですよ!

それがきっかけで、気持ちが切りかわったり、なにかのヒントになったりするかもしれません。

なによりも、一人で始めるより断然効果があり、楽です(笑)

ダイエットをがんばって、理想の身体を手にいれましょうー!
関連記事

毎日ウォーキングをしているけど効果なし、ダイエットを諦めかけている人

今回は毎日ウォーキングをしていてもなかなか痩せられない人についてのお話です。

ウォーキングってダイエットにおいて、実践している人が最も多いエクササイズですよね。

でも、実際にその効果がわからないまま実践して、期待通りの結果がなくて諦めちゃう人が多いです。

では、ウォーキングって実際はどのくらいダイエットに効果があるのでしょう?

実は30分間のウォーキングをして消費するエネルギー量は約100キロカロリーです。

意外に少ないと思いませんか?

あのチョコレートのブラックサンダー1つ分くらいですね(笑)

残念ながらウォーキングは思ったほどカロリーを消費しません

ですので、一週間で3キロ痩せるといったようなことは、ウォーキングだけしていても無理です。

『ダイエットにはウォーキングがいい』と言われている理由は、ウォーキングのカロリー消費が他の運動に比べて特別多いからというわけではありません。


ただし、今まで続けてきたウォーキングをやめろと言っているわけではありません。ウォーキングの習慣を持つことは、健康のリズムを保つために、非常に大切なことです。健康な生活をしていれば、リバウンド防止にもなります。ウォーキングは続けましょう。


ウォーキングのメリットは簡単で続けやすいということです。ダイエットは続けることが大切ですからね。

また、ダイエットだけではなく、ストレス発散などの健康面での効果もあります。

しかし、先ほど言った通り、ウォーキングはすぐ効果が出るものではありません。また、ウォーキングだけで痩せるのは難しいです。


そこで、ウォーキングをしてもなかなか痩せない人にしてほしいことは、摂取カロリーのことを考えるということです。

ウォーキングのことで頭がいっぱいになって、摂取カロリーのことを忘れていませんか?

(ウォーキングなどの)エクササイズをして、消費カロリーを増やすことだけじゃなく、置き換えダイエットなどで摂取カロリーも同時に減らしましょう。

摂取カロリーよりも多くカロリーを消費すれば、必ず痩せます

みなさんがんばりましょうー!
関連記事

コーラは本当に太るの?太りやすい飲み物

今回は大人気のコカ•コーラについてのお話です。

コーラが大好きな人多いですよね!

でも、みなさん知っての通り、コーラって太りやすい飲み物ってよく言われますよね。

コーラは本当にそんなに太りやすいのでしょうか?

今コカ•コーラを持っている人、ラベルを見ましょう!

45kcalって書いてますね。kcalはキロカロリーのことです。

あれ?たった45キロカロリーだけ?そんなに太りやすくない?

と思った人!

よく見てください!

100ml当りって書いています。

ペットボトルのコカ•コーラは500mlですね。ということは

ペットボトル一本当りのカロリー量は、45キロカロリーの5倍の225キロカロリーです。

外国人に大人気なコカ•コーラですが、日本人でも毎日一本くらいコーラを飲む人いますよね?

もし、毎日500mlのコーラを飲んでいる人なら

225キロカロリーが30日分で、一ヶ月に約6750キロカロリーもコーラだけで摂取していることになります。

これは、だいたい体重1キロ分くらいです。

これけっこうすごい量ですよね(笑)

毎日ウォーキングをしているけど効果なし、ダイエットを諦めかけている人』で説明したように、ウォーキングを30分すると約100キロカロリー消費します。

ってことはなんと!
1時間分の運動がペットボトルのコーラで消えちゃいます!

つまり、コーラはやっぱり太りやすいんですね(笑)

コーラには砂糖がたくさん含まれていますからね。

毎日飲んでいる人は、二日に一回とかに減らすだけで、だいぶ変わりますよ。ムリに急にやめる必要はありません。少しづつ減らすのがいいです。

意外に飲み物でも太ってしまうこともあるので、飲み物にも気をつけましょう。

研究でも実証されたダイエットに効果のある飲み物とは?

コーラだけに限らず他にも太りやすい飲み物はたくさんあるので、カロリーはチェックしましょう。砂糖が含まれている飲み物は基本的に太りやすいです。水やお茶には砂糖が含まれていないので、カロリーは0です。市販のほとんどの飲み物は砂糖を含んでいますが、砂糖がとくに多い飲料は要注意です!

ちなみに毎日コーラを飲んでいるなら、それを水に変えるだけで一ヶ月に1キロ分のカロリーをセーブできます。太りやすい飲み物をよく摂取する人なら、それを水に置き換えると『3キロ痩せるまでの道のり』で紹介した期間をかなり短縮できますね。コーラの場合は期間が半分になります。

今回はコーラのお話でした。
関連記事

本当に痩せたい人のためのダイエットを長続きさせる方法

本当に痩せたい人のために


ダイエットに失敗する原因として、長続きしないということが挙げられます。

せっかく効果がある方法なのに、途中でやめてしまっては効果がないのは当然ですよね。

ダイエットは基本的に長く続けるものなのです。特にエクササイズなどは、リバウンド防止や健康のためにも、できればずっと続けたいものです。

でも、長続きさせるのは、ダイエットにおいて最も難しいことの一つですよね。

今回はダイエットを長続きさせるコツについて、いくつかお話をしたいと思います。

すぐに結果を求めすぎないこと


その人の状況によりますが、『一週間で5キロ痩せる』などの目標は、難しく、また健康的によくない場合が多いので、やめておいたほうがいいです。

できれば、ひと月単位で目標を持てるといいですね。

運動だけではダメ?なぜダイエットに失敗する?うまく痩せるために必要なことの記事でも書きましたが、ゆっくりでも摂取カロリーよりも多くカロリーを消費すれば、必ず痩せます。

ですので、焦る必要は全然ないです。

ムリのない方法で置き換えダイエットなどを取り入れたりして、極端なダイエットを避けましょう。

ほとんどのダイエットは時間がかかるものだということを知ることが大切です。


体重計にはあまり乗らないこと


毎日体重を測る人がいますが、体重は毎日納得がいくほど落ちるものではありません。

期待して体重を測ってみたけど、全然変わってなかった!

なんてことは、ふつうにあります。

だから、期待が高いほど、毎日体重計に乗ることはやる気がなくなり、逆効果です。

二週間に一回チェックするくらいで十分です。

体重計の数値にまどわされないようにするため、体重計の活用は最小限にしましょう!

ライバルは作らなくてもいい


同じ身長で体重が100キロの人と50キロの人とでは、1キロを減らすの難しさが違いますよね。

体重が多い人のほうがふだんの食事を見直すだけでも痩せてしまうことが多いです。

人それぞれ条件が違うので、ダイエットに関しては、人と戦うことはやめましょう。

また、ライバルを作ると、『勝たなくてはいけない』と思ってしまい、ムリなダイエットをしてしまいがちになります。

それは長続きさせるための妨げになってしまいます。

ダイエットは人との戦いではなく、『自分の健康のためにするもの』と心がけましょう。

ながらダイエットは効果的


テレビを見ながらなど、何か別のことをしながらできるエクササイズなどのながらダイエットをすることをおすすめします。

ながらエクササイズはムリのない形にでダイエットを生活に取り入れることができるので、長続きしやすい方法です。

また、ながらでできるということは、そんなにハードな運動ではないので、有酸素運動になり、脂肪燃焼に効果的です。

家でカンタンにできるエクササイズ、ダイエットに効果的!
の記事で、おすすめの方法を紹介していますよー

ダイエットを楽しむこと


最後にダイエットを長続きさせるためには、ダイエットを楽しむことも重要です。

長続きしないのは、ダイエットを苦に思ってしますからですよね。

ロジカルダイエットはカンタンにできる健康的なダイエット方法を紹介しています。

これならできる!
これはおもしろそう!

といった方法を見つけて、楽しんで実践してみてください!

よゆうがあるなら全部実践していただいても大丈夫です(笑)

健康的にダイエットを続けて、自分をもっと好きになりましょう!
関連記事

家で簡単にできるおすすめのエクササイズ方法

ダイエットの敵、リバウンド!!
それを防ぐにはやっぱりエクササイズが欠かせません。

運動を全くしないダイエットなど様々なダイエット方法がありますが、やっぱりリバウンド防止のためにも運動は取り入れたいです。

とくに脂肪を積極的に燃焼したい場合はエクササイズは必須です。

適度なエクササイズは健康を維持するためにも必要です。運動をしない生活スタイルですと、いつの間にか生活習慣病にかかちゃったなんて十分にありえます。

また、運動はストレス解消にもなるので、適度な運動は生活に取り入れたいです。

心身共に健康的なダイエットができるのが理想ですよね。

でも、スポーツジムとか高いし、ウォーキングとか恥ずかしいし、冬は寒いしいやだー。ジョギングなんてありえないー。
なんて思っている人は多いと思います。

この記事では、そんな人たちのために家でできる簡単なエクササイズを紹介したいと思います。

エクササイズが続かないのってやっぱり、作業が大変なんですよね。さらに簡単にできるエクササイズはたくさんありますが、作業をしている間はそれに集中するため、他の事ができない場合が多いです。

理想のエクササイズは作業が単純で、エクササイズ中に他の事を自由にできる方法だと思います。

今回紹介する方法は簡単で効果があり、この理想のエクササイズに近い方法です。家でできるので、取り組みやすいというメリットもあります。

まず、用意するものは

•適当な台

以上です(笑)

適当な台が用意できなければ、新聞紙や雑誌などを重ねて台のようにすることで代用できます。
※ただし、転倒すると危険なのであまり不安定なものは使用しないでください。

-エクササイズのやり方-

その台の前に立って、上って降りてを繰り返すだけです。
階段を一段だけ上って、振り返らずにそのまま降りるような感じです。
ゆーーっくりでいいです(笑)全然速くする必要はないです。

台の高さも低めで大丈夫です。あまり台が高いと疲れちゃいます。また、台が高いほど有酸素運動ではなくなり、筋肉がついてしまいます。台が高すぎると脂肪燃焼の効率が悪くなってしまいます。

台の高さは人によって体型や身体能力、筋肉のつき具合が異なるので、正確にどれが一番良いかは言えませんが、ふつうは階段くらいの高さかそれよりちょっと低いくらいがおすすめです。

家に階段がある人は一応家の階段を使うこともできますが、健康のためにも長い期間続けたいので、あまりおすすめしません。エクササイズ専用の台を作りましょう。

台があるときつかったり、どうしても用意できない場合は台なしで、初めはその場で足踏みから始めるのもアリです。ただし、慣れてくると脂肪をより効率良く燃焼するためにも少しの負荷はあったほうがいいです。

注意点としては、適度に初めに上げる足を変えることですね。ずっと右足だけが初めに上がるのではなくて、適度に左足からも動かすようにするということです。そうすると体をバランスよく使えます。

例えば、右足から動かすのを5分して、次の5分を左足という感じに変えていくのがおすすめです。あと、背筋は伸ばしてしましょう。

これを一日に20-30分できると十分です。

このエクササイズのメリット

•狭いスペースでもできて、家でもできる
•有酸素運動なので、脂肪燃焼に効果的
•作業が単純で慣れると集中力を必要としない( テレビの前ですると、テレビを見ながらできる(笑))

最後のテレビを見ながらなど、他の事をしながらできるというのが最大のメリットだと思います。

私の経験上『ながら系のダイエット』は続けやすいです。テレビを見ながらしていて、気がついたら一時間たっていた!なんてよくあります。

ドラマを見ながらだと一時間、昼ドラだと30分ですね。有酸素運動にはちょうどいい区切りです!

他の事に集中しながらエクササイズをすると、作業の煩わしさを忘れつつ、カロリーを消費できます。

このエクササイズはウォーキングよりもカロリーを多く消費するので、ウォーキングよりも早く痩せます。

今までエクササイズをして効果がなかったり、続かなかった人におすすめのエクササイズ方法です。

エクササイズで脂肪を燃焼して、きれいな身体を維持しましょう!
関連記事

運動だけではダメ?なぜダイエットに失敗する?うまく痩せるために必要なこと

失敗するダイエット


みなさん知っての通り、現在いろいろなダイエット方法があります。でも、それは多くの人が今までダイエットに失敗している証拠です。

もし一つの絶対に痩せるダイエット方法があれば、その他の方法はなくなっているはずです。

『1分でできるエクササイズ』のようなものは大量にあります。

しかし、毎日そのエクササイズをしていてもうまく痩せないことが多いです。

『エクササイズをしているから』といって、食べる量を増やしてしまい、逆に太ってしまう人までもいるかもしれません。

そして、このダイエット方法はダメ!と思ってしまい、他のダイエット方法を探す人も多いです。

しかし、その一方ではダイエットに成功している人もいます。

では、なぜダイエットに失敗する人と成功する人がいるのでしょう?

ダイエット方法が悪い?


失敗する人と成功する人がいるっていうことは、ダイエット方法自体が悪いわけじゃないですよね。

その方法が間違っていれば、成功する人はそんなにいないはずです。

自分にその方法が合わないだけ?


確かに、人によって合う合わないはあると思います。でも、どの方法でもダイエットに失敗する人たくさんいますよね。

人間の体に詳しいダイエットの専門家さんたちが一生懸命研究して考えた方法がそんなにたくさんの人に合わないものなのでしょうか?

失敗するほんとの理由<


ダイエットに失敗する人の多くはそのダイエット方法をあまりわかっていないんです。

多くの人はやり方と結果だけをみて、そのまま真似しちゃうんです。

例えば、食生活って人それぞれ違いますよね?

毎日2000キロカロリー食べる人と毎日3000キロカロリー食べる人が同じエクササイズをしても、効果は明らかに違いますよね。

まず、毎日3000キロカロリーを食べる人が痩せるには運動によって約1000キロカロリーほど消費しなければいけません。

毎日運動だけで1000キロカロリーを消費するのは、ふつうの人には非常に難しいです。

この人はまず、摂取するカロリーを減らすべきです。

痩せるには?


ダイエットの基本は摂取したカロリーよりも多くのカロリーを消費することです。これで痩せることができます。まず、このことを知ることが重要です。

そして、そのためには運動食事制限の両立が大切です。

ただ単純に体重を落としたいだけであれば、運動よりも食事制限のほうが効果的です。

でも、一食丸々抜くなどのムリな食事制限はやめましょうね。一食を低カロリーかつ栄養のいいものに置き換えるなどの工夫をして、健康なダイエットをしましょう。

あまりすぐに結果を求めるんじゃなくて続けることが大切ですよ!

みなさん、健康的でロジカルにダイエットをしましょうー!
関連記事


プロフィール

まみむ

Author:まみむ
健康的なダイエット方法や運動のやり方についてのブログをしております。痩せたい人はぜひ参考にしてください!あなたも一緒に無理のない食事制限や運動をして健康になりましょうー!

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。