スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコやケーキなどの甘いものは本当に太るのか?

甘いものの共通点


ダイエットをしていると気になるのがケーキなどの甘いものです。甘いものは太るとよく言われますね。本当に甘いものを食べると太りやすいのでしょうか?

甘いものには、チョコレートやケーキなどいろいろな食べ物がありますね。女性の人はとくに甘いものが好きな人が多いです。そんな『甘いもの』に共通する特徴を考えてみましょう。

まずカロリーで見ると、甘いものは全体的にカロリーが高いですね。とくに、少ない量なのにカロリーの高いものが多いです。たくさん量があればカロリーも多くなるのは当たり前ですが、少ない量でカロリーが高いということは、高カロリーな食べ物ということがいえます。

甘いものの他の共通点は、なんといっても砂糖などの糖類が多く含まれているということですね!

この甘いものに多く含まれる糖類はどんなものかみていきましょう。

糖質は体に重要なもの


糖類と言いましたが、それは糖質というエネルギーです。私たち人間は糖質を体を動かすためのエネルギーとして消費します。

糖質のエネルギーとしての特徴は、すぐに使えるエネルギーであるということです。ちなみに、脂肪も私たちが体を動かすために使うエネルギーの一つです。

さらに、この甘いものにたくさん含まれる糖質は人間の脳を動かすエネルギーになります。脳のエネルギーは、糖質の中でも【ブドウ糖】という糖です。ブドウ糖はカルピスなどの甘い飲み物のラベルでよく見かけると思います。

このように、甘いものは脳の活動に必須なものなのです。ブドウ糖が少なすぎると頭が痛くなったりします。

糖質と脂肪の関係


さっき脂肪もエネルギーだと言いましたが、脂肪は糖質に比べ、なかなか使われません。よく言われる脂肪を燃焼するとは、脂肪がエネルギーとして使われることですね。

糖質は使われやすく脂肪は使われにくいということですが、私たちの体には糖質を蓄えておける量に制限があります。体はそんなにたくさんの糖質を蓄えられません。では余った糖はどこへ行くのかというと、脂肪に変わります。つまり甘いものを食べるすぎると、蓄えられる分は体が蓄えて、それ以外は脂肪として蓄えます。

結局甘いものは太るの?


甘いものに含まれる糖についてお話をしましたが、ある程度は必要だけど食べ過ぎると太るということでした。

しかし、糖は甘いものだけに含まれるものではなく、米やパンにも含まれます。糖質は炭水化物のことだからです。

だからふつうに食事をしていたら、あまり糖質不足になることはないです。ただし、極端な低炭水化物ダイエットをしていると糖質不足になるので、注意が必要です。

この記事をまとめると

・甘いものは高カロリー
・甘いものは糖をたくさん含む
・体内に余った糖は脂肪に変わる

このように、結局『甘いものは太る』ということでした。

しかし、甘いものでもたまに食べるくらいなら大丈夫です。だって痩せている人でも甘いものを食べますよね。限度を守るのが大切だということです。

とくに夜はあまりカロリーを消費しない時間帯なので夜に甘いものの食べ過ぎには注意したいです。『ダイエット中、夜にお腹がすいた時の対処方法』のページで太る大きな原因である夜間のお菓子対策を紹介しています。

甘いものの食べ過ぎには気をつけましょう!
関連記事
スポンサーサイト

ダイエットに成功するちょっとしたコツ

ダイエットに失敗する人がいる反面、ダイエットに成功する人もいます。ダイエットに成功するか失敗するかは人の性格も関係してきます。例えば、長続きさせるのが苦手な人がいたり、毎日こつこつするのが得意な人がいたりしますよね。

ダイエットを長続きさせるのが苦手な人でも、ちょっとしたコツでダイエットを成功させやすくなります。


ダイエットを始めると、痩せたいという思いが強くて、運動や置き換えダイエットなどを『毎日しなくてはいけない』というルールを作ってしまう人もいます。

もちろん毎日することに問題はなく、むしろ良いのですが、それは続かないと意味がありません。こつこつと続けていくのが苦手な人には毎日するというルールは厳しいかもしれません。

ダイエットは毎日するものというのが一般常識だと思いますが、毎日しなくても効果はあります。

毎日置き換えダイエットする場合と週に4回置き換えダイエットする場合では、もちろん毎日するほうが効果は大きいです。

でもさっきも言った通り、毎日して続かないと意味がないですね。こつこつとするのが苦手な人は『毎日しなくてもいい』というのを頭に置いておくだけでも、気持ちが楽になると思います。

毎日しないダイエットは毎日するための準備段階でもあります。生活習慣を急に変えるのは難しいので、毎日せずに少しづつ増やしていくと、無理なくダイエットを毎日できるようになります。

毎日運動や置き換えダイエットをするのが理想ですが、それだけがダイエットではないので、『毎日しなくてもいい』ということも覚えておきましょう。

『毎日しなくてもいい』は、ダイエットを始めたての人やこつこつとするのが苦手な人がダイエットを成功させるためのちょっとしたコツです。初めは三日に一回や二日に一回でもいいと思います。そして少しづつ増やしたり、減らしたりして調整していきましょう!

ダイエットは続けると成功します!
関連記事

脂肪肝にはダイエット!脂肪肝の対策と改善方法

脂肪肝とは?


脂肪肝って知っていますか?

血液検査をした時に脂肪肝だと診断されたことがある人もいるかもしれませんね。脂肪肝と言われた人は早く改善させる必要があります。30代、40代辺りから脂肪肝になるのはよくある話なので、血液検査で問題がなかった人も今のうちから対策をしておきましょう。今回はそんな脂肪肝の対策と改善方法についてお話したいと思います。

脂肪肝とは、肝臓の周りに中性脂肪がたくさんついた危険なる状態のことです。脂肪性肝疾患とも呼ばれます。

ちなみに中性脂肪とは一般的に言う『脂肪』のことです。

脂肪肝の原因はもちろん食べ過ぎや運動不足による肥満なのですが、アルコール類の飲み過ぎが原因であることも多いです。アルコール類をよく飲む人だけではなく、アルコール類を飲まない人でも脂肪肝にはなるので注意です!

また、糖尿病も主な原因です。

脂肪肝の危険性


さっき脂肪肝は危険な状態と言いましたが、脂肪肝自体は意外と多くの人がなるもので、ふつうは痛みなどの症状はありません。

しかし、脂肪肝は肝機能に障害がある状態なので、生活習慣病や肝臓がんに発展するリスクもあります。

例えば、さっき糖尿病が脂肪肝の原因と言いましたが、肝臓はブドウ糖を制御して血糖値を一定に保つはたらきがあります。肝機能に障害があると、逆に糖尿病に発展することもあるので注意が必要です。他にも肝臓には重要なはたらきがたくさんあるので、脂肪肝には注意しましょう。

脂肪肝の対策と改善方法


脂肪肝の対策•改善はなんといっても、肥満の解消です。つまり、ダイエットですね!

肝臓の周りに付きすぎた無駄な脂肪を運動などで燃焼させましょう!

脂肪肝のために肝臓の周りの脂肪だけを燃焼させるダイエットはないのですが、全体的に肥満を解消させると、肝臓周りの脂肪も落とすことができます。

運動は有酸素運動ならウォーキングでもなんでもいいです。毎日できなくても、週に数回でも大丈夫です。とくに理由がなければウォーキングがいいと思います。生活習慣病対策にもウォーキングは簡単で長く続けられるので、良い運動です。

肝臓周りにつく脂肪は、中性脂肪の中でも内臓脂肪という内臓周りにつく脂肪が多いので、運動などのダイエットによって落としやすい脂肪です。脂肪肝ダイエットの目的は肝臓周りについた中性脂肪を落とすことなので、適度な運動は必須です。その代わり皮下脂肪を落としたいダイエットに比べ、簡単です。

ただし、内臓脂肪は落としやすい反面つきやすい脂肪とも言われており、食事には気をつけなければいけません。そもそも、脂肪肝になっている人は基本的に食事の取り方が悪い場合が多いです。

栄養バランスを考慮した食事の改善は健康的なダイエットの基本ですね。

ダイエットは脂肪肝になる?


ダイエットが脂肪肝の原因になるというお話もありますが、それは極度な低炭水化物ダイエットなどに限定されるものです。もちろん取りすぎもダメですが、炭水化物は一日の摂取カロリーのうち最低でも半分以上は取りましょう。

栄養バランスを考えた健康的なダイエットは脂肪肝の原因になりません。

肥満を解消させるにはダイエットは必須ですね!しっかりと脂肪肝の対策をしましょう。

ダイエットに必要な皮下脂肪の知識はこれ!
関連記事

失敗するダイエットから失敗しないダイエットへ

失敗するダイエット


ダイエットに失敗する人がたくさんいます。とくに失敗し続けてきた人はおそらく失敗するダイエットをしていることに気付いていないでしょう。

今回は失敗しないダイエットをするために、ダイエットに失敗する主な原因と成功させるためのコツをまとめました!

まずはダイエットに失敗する原因を考えてみましょう。

ダイエットで失敗する主な原因は以下のようなものです。

・急ぎすぎの短期ダイエット
・エクササイズで部分痩せを狙う
・間違ったダイエット方法
・運動だけで痩せようとする
・たんぱく質をさける


一つずつ詳しく説明していきます!

急ぎすぎの短期ダイエット


短期ダイエットで成功するのは難しいです。はやく痩せたいと思い、たくさん運動をして汗をかいた後、体重計を見ると体重が意外と減っていることがあります。それで短期間でも簡単に痩せられる!と勘違いしてしまう人がいますが、それはほとんどの場合体内の水分が減っているだけです。だから体重の減少は一時的です。

仮に痩せることに成功したとしても短期ダイエットはリバウンドしやすいので、けっきょくダイエットは失敗に終わります。

かなり極端な例ですが、『3キロ痩せるまでの道のり』の例を考えると一週間で3キロ痩せるなどは難しいのがわかると思います。

短期ダイエットで失敗し続けている人は長期の健康的なダイエットに切り替えましょう。そっちの方が意外と近道かもしれませんよ!健康的なダイエットは失敗しないです。

エクササイズで部分痩せを狙う


部分痩せに興味がある人は本当に多く、部分痩せに関するいろいろなエクササイズ方法やダイエット方法があります。

そんな大人気の部分痩せですが、エクササイズ方法などが多すぎてどれが本当に正しいのかわかりにくい状態になっています。

しかし、エクササイズの部分痩せ効果はないと考えたほうがいいでしょう。とくに『太ももの筋肉を鍛えて太ももの脂肪を燃焼する』のような太もも痩せなどは効果がない場合が多いです。基本的に部分痩せをする時、その部分の筋肉を鍛えても部分痩せは成功しません。

それについては『下半身太り解消法』のページで詳しく書いています。

間違ったダイエット方法


現在ダイエット情報が簡単に手に入るようになりました。本当に様々なダイエット方法があって、『これ本当に痩せるの?』みたいなダイエット方法もたまに目にします。

これだけ多くのダイエット情報があると必然的に間違った方法も存在します。とくにダイエットについての知識が少ない人は、根拠のない間違ったダイエット情報を信じてしまいがちです。

今はとにかく、シリアルダイエットのように『~ダイエット』が多いです。『~ダイエット』と聞くと安心感がありますよね。しかし、根拠のないただの造語の場合もあるので注意が必要です。ちなみに私もよく使います(笑)

例えば、『唐揚げダイエット』なんて自然に聞こえますね!そんなのあるわけないですよね・・・と思って検索すると、なんと!唐揚げダイエットを提唱している人がいます!

内容を少し読みましたが、低炭水化物ダイエットなどの糖質制限系の延長のようです。

簡単にいうと、米などの炭水化物を減らして肉などのたんぱく質を多く食べる方法が低炭水化物ダイエットです。

そしてこの唐揚げダイエットは、米を減らして唐揚げを食べるらしいです。

明らかに危ない感じがしますね(笑)

唐揚げなどの揚げ物は太りやすい食べ物の代表です。低炭水化物ダイエットは肉ならなんでもいいというわけではなく、本当の目的は『総カロリーを制限しつつ炭水化物の割り合いを減らし、たんぱく質の割り合いを増やす』ことです。唐揚げでは、総カロリーを減らすのが難しいですね。

ダイエットに失敗しないためには、根拠のない聞こえの良いダイエット情報には気をつけましょう!

運動だけで痩せようとする


『失敗しないためには食べて痩せましょう』とよく言われますが、多くの人は運動だけで痩せられるんだと勘違いします。おそらく、食べて痩せましょうっていうのは、無理な食事制限をやめましょうという意味だと思います。

運動だけで痩せるのは難しいです。ふだん食べる量にもよりますが、運動だけで痩せようとするのは失敗する原因でしょう。

関連する記事
運動だけのダイエットはダメ

たんぱく質をさける


さっきの唐揚げダイエットのところで少しお話しましたが、失敗しないダイエットをするためにはしっかりとたんぱく質をとらないといけません。

低炭水化物ダイエットのように炭水化物を減らして、たんぱく質を増やすといっているのではありません。(それでももちろん大丈夫です。)

私が強調したいのは、たんぱく質を避けてはいけないということです。たんぱく質は肉類に多く含まれますが、肉類は太りやすいと思って避けないようにしましょう。お鍋などに入れて食べるとカロリーを少なくできます。ただし、唐揚げは太りやすいです。

たんぱく質は筋肉など体を作るので、弱い体にならないためにもしっかりと食べましょう。

最も失敗しないダイエット方法


私は最も失敗しないダイエットは置き換えダイエットだと思います。

けっきょく太る一番の原因は食べ過ぎなので、食事制限が必須なわけです。そして置き換えダイエットは簡単にできる食事制限なので、長く続けやすいです。

以上のことに注意して、置き換えダイエットをするのが最も失敗しないダイエットです。

失敗するダイエットに当てはまった人は早く卒業して、失敗しないダイエットをしましょう!
関連記事


プロフィール

まみむ

Author:まみむ
健康的なダイエット方法や運動のやり方についてのブログをしております。痩せたい人はぜひ参考にしてください!あなたも一緒に無理のない食事制限や運動をして健康になりましょうー!

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。