スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究でも実証されたダイエットに効果のある飲み物とは?

ダイエット効果のある飲み物


飲み物が太る原因になってしまうことは以前説明しました。今回はその反対にダイエット効果のある飲み物に関するお話です。最後におすすめの飲み物も紹介しています!

ダイエット効果のある飲み物は?それはです。なんとなくそんな気がするという人も多いと思いますが、思っているより効果があります。さらに適当に水を飲むだけでは最大限の効果は得られません。何事にも効果的なやり方があります。まずは水のダイエット効果を見ていきましょう!

水のダイエット効果1つ目


昔から水自体にダイエット効果があるのではないか?ということが言われることがありました。この時点ではただの伝説だったのですが、その後、アメリカの研究者のBrenda Davyさんという人の研究によって『水を飲むと体重が落ちる』ということが実証されました!

その内容は食事の前に水を飲むだけで痩せるというものです。食べ過ぎを防ぐ効果があるようです。研究によると水を飲むタイミングは食事の20分ほど前で、水を飲む量はコップ1~2杯分ほどが良いそうです。ただし、一気に飲む必要はありません。特に水が冷たいと体内に刺激を与えてしまうので、ふつうに飲みましょう。

この理論は短期的な効果があるというよりも続けることで痩せるというものです。

水のダイエット効果2つ目


1つ目の効果で短期的な効果よりも長期的な効果があると言いましたが、もちろん短期的な効果がある人もいます。それはコーヒーやコーラなどの飲料水をよく飲む人です。コーヒーやコーラ以外にも、カルピスウォーターなどその他のほとんどの市販の飲料水は太る原因です。砂糖などいろいろ入っていますからね!

それに比べ、水はカロリーが0なので1日の摂取カロリーを抑えることができます。飲み物を全て水に変えると意外と短期間で痩せちゃうこともあります。

例えば、毎日水を2リットル飲むと体に良いとよく言われます。カルピスウォーターが好きで毎日2リットル飲んでいる人は水に置き換えるだけで、一週間で1キロ近く体重を落とすことができます。ただ、カルピスウォーターを毎日2リットル飲む人はあまりいないと思います(笑)

ちなみにカルピスウォーターのカロリーは500mlで225kcalで、コカ・コーラと同じです。

コーヒーもブラックコーヒーなら低カロリーですが、加糖ならカロリーは50kcalから100kcalほどあるので、よく飲む人は要注意です。缶コーヒーなんて気づかないうちに飲んでることがありますよね。

飲み物は食事と違ってカロリーを摂取しているという実感がないです。それが飲み物の怖いところですね!

水とむくみの関係


水をたくさん飲むとむくむとよく言われるので、むくみが気になる人もいるでしょう。しかし、健康な人は飲み物をたくさん飲んだだけではむくみません。

それはむくみの原因は水の飲み過ぎではなく、血管の問題だからです。血管内部の状態が健全であれば水を飲んでもむくみません。

むくみは体内の一部に水がうまく流れずに溜まった状態です。水がむくみに繋がると思われるのは、おそらくそれが原因だと思います。水は人間にとって非常に重要な成分なので必要です。むくみが嫌だからといって、飲み物を減らすのは間違いです!

おすすめは話題の水素水


水にも台所の蛇口から出る水道水や市販のミネラルウォーターなどいくつか種類がありますが、その中でも最も健康でダイエット効果の高いのが『水素水』です。水素水は名前の通り水素をたくさん含んだ水なのですが、様々な健康効果があると言われています!

例えば、人間は生きていると活性酸素という体に悪い物質が体内に溜まってくるのですが、これは脂肪などを酸化させます。つまり、体を錆びさせます。これが老化に繋がるんですね。さらに悪いことに20歳を過ぎると活性酸素の割合が増えてきます。

しかし、水素水には活性酸素を水に変える効果があります!もちろん、カロリーも0なので摂取カロリーを抑えられます。水素水はダイエット効果とアンチエイジング効果のどちらもある飲み物なのです!

他にも、ストレスや便秘の解消の効果もある(?)そうです。

水素水を選ぶポイント


水素水を選ぶポイントは水素濃度です!水素水を飲む目的は水素を摂取することなので、水素含有量が少ないと意味がありません。

水素水を飲む時に一番注意したいのが、開封したらできるだけ早く飲むことです。水素が抜けてしまってはただの水になってしまいます。だからペットボトル系はおすすめしません。

話題のおすすめ水素水はこちらです↓↓

飲み物ダイエットから始めるのもいいですよー!飲み物を置き換えるのは簡単ですからね。水分不足を防ぐためにも、適度に飲み物を飲みましょう。
関連記事
スポンサーサイト

食べてないのに太る本当の理由とは?

食べていないのに…


太っている人には少ないですが、体重があまり多くない人に『そんなに食べてないないのに体重が増えた』という現象があります。これはいろいろな可能性があります。今回は食べてないのに太る理由についてお話したいと思います!

実は食べている


まず一つ目の理由として考えられるのが、実は食べているというケースです。

自分の体型を維持するのに必要なエネルギー摂取量は体型や運動量によって違いますが、摂取カロリーが消費カロリーよりも多いと体重が増えて太ります。

身長が低く、痩せていて体が小さい人や事務の仕事などあまり体を動かさない人は、消費カロリーが少ないので、その分食べる量も少なくなります。

すでに痩せている人のダイエットには食事制限は必要ありません。食べる量を減らしすぎるのは健康に悪いですよ!そういう人は運動などで消費カロリーを増やしましょう!

他にも、自分は食べていないと思っても、意外とおやつや高カロリーな食べ物を食べていることが理由かもしれません。おやつなどは気づかないうちに食べてしまうことも多いです。あの時何気なく食べたチョコレートが実は300kcalだった!なんてこともあるので、気をつけましょう!

ダイエット中の安全な間食のやり方


ダイエット始めたばかり


ダイエットを始めたばかりだと、あまり痩せる実感がないでしょう。正しい食事制限をしているなら、痩せるはずなので、もう少し様子をみるといいです。

ただし、食事制限をしているのに体重が増えているなら食事制限が間違っている場合があります。食事制限はさっきも言った通り、摂取カロリーを消費カロリーよりも少なくなるように調整しましょう。

食事制限を始めたばかりの場合は、もう少し様子を見て、改善しなければ間違っていると判断し、カロリーの摂取量を見直しましょう。

ダイエットの間違った食事制限方法、あなたのやり方大丈夫?効果のある時間帯

ダイエットの食事制限、どのくらい食べる量を減らせばいい?

意外と多い飲み物


コーラやコーヒーなどいろいろな飲み物がありますよね。飲み物はおいしくてついついいろいろな飲み物を飲んでしまうこともあります。食べ物はあまり食べないけど、飲み物はよく飲むという人もいると思います。

飲み物は安全だと思っている人が多いですが、実は飲み物でも太ります!水やお茶を一切飲まず、その他の飲料水ばかり飲んでいると、食べてないのに太るということは十分にあり得ます。飲み物を全て水に変えるだけでもカロリーをかなり節約できるので、飲み物にも気をつけましょう!

コーラは本当に太るの?太りやすい飲み物

簡単なアドバイス


基本的には食べてないのに太るということはないので、食べてないのに太るという人は何らかの形で気づかないうちにカロリーを摂取しているはずです。

それが間食であったり、飲み物であったり人によって違います。食べるというと朝ごはんや夕食などのいわゆる『食事』に注目しがちですが、それ以外でも、カロリーは摂取するので気をつけましょう!

エネルギー消費の効率も考えると、一食でまとめて食べてるよりも、ちょこちょこ食べるほうがダイエットに効果的な場合もあります。
関連記事

ダイエットに必要な皮下脂肪の知識はこれ!

皮下脂肪の基礎知識


皮下脂肪が落ちない人は中性脂肪について
正しい知識を身につけましょう。

皮下脂肪とは中性脂肪のうち皮膚に近い所についた脂肪のことです。二の腕や太もも、お腹回りなどつまめる脂肪がありますよね。それが皮下脂肪です。

脂肪は健康上必要なものですがつきすぎても困ります。とくに内臓周りにつく内臓脂肪は脂肪肝などを引き起こす可能性もあり、脂肪のつきすぎは不健康です。もちろん皮下脂肪も同じです。皮下脂肪の場合は見た目も気になりますね。

皮下脂肪はつきにくく、そして落としにくいという特徴があります。皮下脂肪はつきにくいと言ってもダイエットをしたいという人はもう脂肪がついてしまっていると思うので、安心はできません。

脂肪は全体的に落としにくいですが、皮下脂肪は内臓脂肪に比べ落としにくいです。しかし、ダイエットをするなら内臓脂肪も皮下脂肪もどちらも落とすので、あまり関係ありません。まず、皮下脂肪だけ落とすというのは自分ではできません。

脂肪のつき方


揚げ物などの油を多く含む食べ物を食べると脂肪がついて太りやすいというのは多くの人が知っていると思います。しかし、脂肪のつき方はそれだけではありません。

例えば、お米やパンなどの炭水化物を多く含む食べ物を食べても脂肪はつきます。それは糖質である炭水化物は必要な分だけ体内に蓄積され、その余りは脂肪に変わり体内に蓄積されるからです。

皮下脂肪を減らすためには、まずは新しく余分に蓄積される脂肪を防ぎましょう。食べ過ぎの人は食事制限が必要です。もちろん糖類の多い飲み物も控えなければいけません。飲み物でも太るんですよー!
コーラは本当に太るの?太りやすい飲み物

皮下脂肪対策の食事制限の際に、油だけではなく炭水化物の取りすぎにも気をつけましょう。ただし、炭水化物の制限のしすぎには気をつけて下さいね。食事制限など食事方法に関する情報は『食事』にまとめてあります。

皮下脂肪を落とす方法


二の腕や太もも、ウエストなどのお腹回りの脂肪を減らすためや体を引き締めるために腹筋などの筋トレをする人もいますが、筋トレだけでは皮下脂肪を効率良く落とせません。

体を引き締めるということの一つに体脂肪率を下げるというのがあります。

体脂肪率を下げるには大きく以下の二つがあります。

・筋肉の割合を増やして、体脂肪率を下げる( = 筋トレ)

・脂肪を減らして、体脂肪率を下げる

一つ目は、体脂肪率は『割合』なので、筋肉を増やすと体脂肪の割合が小さくなります。

小学校の時に習った『食塩水』と同じです。食塩水に水をたくさんいれると塩辛くなくなりますよね。

筋肉をたくさん増やすと脂肪が少なく見えます。ただし、この方法は体重も増えてしまいます

筋肉を増やすと基礎代謝量が増えるので、たくさんカロリーを消費できる体になれるのですが、皮下脂肪を落とすのには直接的な関係がありません。

これは皮下脂肪と体重を落として、細い身体になりたい人には向いていません。

そんな時は二つ目の方法が効果的です。筋肉を増やすのではなく、脂肪そのものを減らすことです。

脂肪燃焼には有酸素運動が効果的です。有酸素運動の代表はウォーキングですね。ウォーキングよりも脂肪燃焼に効果的な有酸素運動はこちらで紹介しています。『家で簡単にできるおすすめのエクササイズ方法

有酸素運動は確かに皮下脂肪を含む脂肪の燃焼に効果的ですが、より有酸素運動を効果的にするためには体内の血の流れや血管の環境も大切です。

血流が悪いと健康上良くない上に、脂肪がうまく燃焼されません。脂肪が偏った場所に溜まってしまうこともあります。血流の改善方法は以下のページで紹介しています。

エステの選び方、エステを利用してうまく痩せるには?

昔からの下半身太りの原因は?下半身太り解消方法

無駄な皮下脂肪も内臓脂肪もどちらも落としてきれいな身体になりましょう!
関連記事


プロフィール

まみむ

Author:まみむ
健康的なダイエット方法や運動のやり方についてのブログをしております。痩せたい人はぜひ参考にしてください!あなたも一緒に無理のない食事制限や運動をして健康になりましょうー!

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。