スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家で簡単にできるおすすめのエクササイズ方法

ダイエットの敵、リバウンド!!
それを防ぐにはやっぱりエクササイズが欠かせません。

運動を全くしないダイエットなど様々なダイエット方法がありますが、やっぱりリバウンド防止のためにも運動は取り入れたいです。

とくに脂肪を積極的に燃焼したい場合はエクササイズは必須です。

適度なエクササイズは健康を維持するためにも必要です。運動をしない生活スタイルですと、いつの間にか生活習慣病にかかちゃったなんて十分にありえます。

また、運動はストレス解消にもなるので、適度な運動は生活に取り入れたいです。

心身共に健康的なダイエットができるのが理想ですよね。

でも、スポーツジムとか高いし、ウォーキングとか恥ずかしいし、冬は寒いしいやだー。ジョギングなんてありえないー。
なんて思っている人は多いと思います。

この記事では、そんな人たちのために家でできる簡単なエクササイズを紹介したいと思います。

エクササイズが続かないのってやっぱり、作業が大変なんですよね。さらに簡単にできるエクササイズはたくさんありますが、作業をしている間はそれに集中するため、他の事ができない場合が多いです。

理想のエクササイズは作業が単純で、エクササイズ中に他の事を自由にできる方法だと思います。

今回紹介する方法は簡単で効果があり、この理想のエクササイズに近い方法です。家でできるので、取り組みやすいというメリットもあります。

まず、用意するものは

•適当な台

以上です(笑)

適当な台が用意できなければ、新聞紙や雑誌などを重ねて台のようにすることで代用できます。
※ただし、転倒すると危険なのであまり不安定なものは使用しないでください。

-エクササイズのやり方-

その台の前に立って、上って降りてを繰り返すだけです。
階段を一段だけ上って、振り返らずにそのまま降りるような感じです。
ゆーーっくりでいいです(笑)全然速くする必要はないです。

台の高さも低めで大丈夫です。あまり台が高いと疲れちゃいます。また、台が高いほど有酸素運動ではなくなり、筋肉がついてしまいます。台が高すぎると脂肪燃焼の効率が悪くなってしまいます。

台の高さは人によって体型や身体能力、筋肉のつき具合が異なるので、正確にどれが一番良いかは言えませんが、ふつうは階段くらいの高さかそれよりちょっと低いくらいがおすすめです。

家に階段がある人は一応家の階段を使うこともできますが、健康のためにも長い期間続けたいので、あまりおすすめしません。エクササイズ専用の台を作りましょう。

台があるときつかったり、どうしても用意できない場合は台なしで、初めはその場で足踏みから始めるのもアリです。ただし、慣れてくると脂肪をより効率良く燃焼するためにも少しの負荷はあったほうがいいです。

注意点としては、適度に初めに上げる足を変えることですね。ずっと右足だけが初めに上がるのではなくて、適度に左足からも動かすようにするということです。そうすると体をバランスよく使えます。

例えば、右足から動かすのを5分して、次の5分を左足という感じに変えていくのがおすすめです。あと、背筋は伸ばしてしましょう。

これを一日に20-30分できると十分です。

このエクササイズのメリット

•狭いスペースでもできて、家でもできる
•有酸素運動なので、脂肪燃焼に効果的
•作業が単純で慣れると集中力を必要としない( テレビの前ですると、テレビを見ながらできる(笑))

最後のテレビを見ながらなど、他の事をしながらできるというのが最大のメリットだと思います。

私の経験上『ながら系のダイエット』は続けやすいです。テレビを見ながらしていて、気がついたら一時間たっていた!なんてよくあります。

ドラマを見ながらだと一時間、昼ドラだと30分ですね。有酸素運動にはちょうどいい区切りです!

他の事に集中しながらエクササイズをすると、作業の煩わしさを忘れつつ、カロリーを消費できます。

このエクササイズはウォーキングよりもカロリーを多く消費するので、ウォーキングよりも早く痩せます。

今までエクササイズをして効果がなかったり、続かなかった人におすすめのエクササイズ方法です。

エクササイズで脂肪を燃焼して、きれいな身体を維持しましょう!
関連記事


コメントの投稿

Secre

プロフィール

まみむ

Author:まみむ
健康的なダイエット方法や運動のやり方についてのブログをしております。痩せたい人はぜひ参考にしてください!あなたも一緒に無理のない食事制限や運動をして健康になりましょうー!

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。