スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂肪肝にはダイエット!脂肪肝の対策と改善方法

脂肪肝とは?


脂肪肝って知っていますか?

血液検査をした時に脂肪肝だと診断されたことがある人もいるかもしれませんね。脂肪肝と言われた人は早く改善させる必要があります。30代、40代辺りから脂肪肝になるのはよくある話なので、血液検査で問題がなかった人も今のうちから対策をしておきましょう。今回はそんな脂肪肝の対策と改善方法についてお話したいと思います。

脂肪肝とは、肝臓の周りに中性脂肪がたくさんついた危険なる状態のことです。脂肪性肝疾患とも呼ばれます。

ちなみに中性脂肪とは一般的に言う『脂肪』のことです。

脂肪肝の原因はもちろん食べ過ぎや運動不足による肥満なのですが、アルコール類の飲み過ぎが原因であることも多いです。アルコール類をよく飲む人だけではなく、アルコール類を飲まない人でも脂肪肝にはなるので注意です!

また、糖尿病も主な原因です。

脂肪肝の危険性


さっき脂肪肝は危険な状態と言いましたが、脂肪肝自体は意外と多くの人がなるもので、ふつうは痛みなどの症状はありません。

しかし、脂肪肝は肝機能に障害がある状態なので、生活習慣病や肝臓がんに発展するリスクもあります。

例えば、さっき糖尿病が脂肪肝の原因と言いましたが、肝臓はブドウ糖を制御して血糖値を一定に保つはたらきがあります。肝機能に障害があると、逆に糖尿病に発展することもあるので注意が必要です。他にも肝臓には重要なはたらきがたくさんあるので、脂肪肝には注意しましょう。

脂肪肝の対策と改善方法


脂肪肝の対策•改善はなんといっても、肥満の解消です。つまり、ダイエットですね!

肝臓の周りに付きすぎた無駄な脂肪を運動などで燃焼させましょう!

脂肪肝のために肝臓の周りの脂肪だけを燃焼させるダイエットはないのですが、全体的に肥満を解消させると、肝臓周りの脂肪も落とすことができます。

運動は有酸素運動ならウォーキングでもなんでもいいです。毎日できなくても、週に数回でも大丈夫です。とくに理由がなければウォーキングがいいと思います。生活習慣病対策にもウォーキングは簡単で長く続けられるので、良い運動です。

肝臓周りにつく脂肪は、中性脂肪の中でも内臓脂肪という内臓周りにつく脂肪が多いので、運動などのダイエットによって落としやすい脂肪です。脂肪肝ダイエットの目的は肝臓周りについた中性脂肪を落とすことなので、適度な運動は必須です。その代わり皮下脂肪を落としたいダイエットに比べ、簡単です。

ただし、内臓脂肪は落としやすい反面つきやすい脂肪とも言われており、食事には気をつけなければいけません。そもそも、脂肪肝になっている人は基本的に食事の取り方が悪い場合が多いです。

栄養バランスを考慮した食事の改善は健康的なダイエットの基本ですね。

ダイエットは脂肪肝になる?


ダイエットが脂肪肝の原因になるというお話もありますが、それは極度な低炭水化物ダイエットなどに限定されるものです。もちろん取りすぎもダメですが、炭水化物は一日の摂取カロリーのうち最低でも半分以上は取りましょう。

栄養バランスを考えた健康的なダイエットは脂肪肝の原因になりません。

肥満を解消させるにはダイエットは必須ですね!しっかりと脂肪肝の対策をしましょう。

ダイエットに必要な皮下脂肪の知識はこれ!
関連記事


コメントの投稿

Secre

プロフィール

まみむ

Author:まみむ
健康的なダイエット方法や運動のやり方についてのブログをしております。痩せたい人はぜひ参考にしてください!あなたも一緒に無理のない食事制限や運動をして健康になりましょうー!

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。