スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹筋ばかりしても意味がない?正しいダイエットの運動法

みなさん、ダイエットといえば『腹筋』っていうイメージがありませんか?

最近お腹が出てきたから腹筋しなきゃ!


これ実は間違いなんです。

余ったカロリーは、そのまま脂肪となり体内に残ります。特にお腹や太ももにその脂肪がたまりやすいです。

それはすぐに使うためのエネルギーではなくなっちゃうので、腹筋で筋肉を鍛えても、あまりかわらないんですよね。


さて、そのたまった脂肪はどのようにすればなくせるのでしょう?


脂肪の燃焼には、有酸素運動が効果的です。


有酸素運動とは、ウォーキングや縄跳びなど、長時間できるものです。腹筋は有酸素運動ではありません。

よく言われるのが、有酸素運動は20分以上しないと意味がない。20分たったあたりから脂肪がエネルギーにかわり、燃焼されていく。ということです。

しかし、5分を4回するとかでも、効果はあるようです。私は、20分以上続けることをおすすめします。

まずは、10分間ウォーキングとかでもいいと思います。ダイエットは続けることが大切ですよー!
関連記事


コメントの投稿

Secre

プロフィール

まみむ

Author:まみむ
健康的なダイエット方法や運動のやり方についてのブログをしております。痩せたい人はぜひ参考にしてください!あなたも一緒に無理のない食事制限や運動をして健康になりましょうー!

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。